海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ノースカロライナ州立大のクラゲを模倣したソフトロボット! 1秒に53mm泳ぐ

Tech

ノースカロライナ州立大のクラゲを模倣したソフトロボット! 1秒に53mm泳ぐ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image by StockSnap from Pixabay

ノースカロライナ州立大学とテンプル大学の研究チームは、クラゲにインスパイアされてソフトロボットを開発した。

ソフトロボットの動きはスローなイメージがある方も多いと思うが、同ロボットはスピードとエネルギーが持ち味だ。

同研究チームは、これまでにもチーターにインスパイアされた速いソフトロボットを開発してきたが、今回のロボットはこれを改良したものとなる。

蓄積した圧力を開放して素早く動く

研究チームによる以前のソフトロボットは、地面をジャンプするシャクトリムシのように動くもの。まずポリマーに圧力を加えて不安定な状態を作ってから、蓄積されたエネルギーを開放することでジャンプし、素早く移動することができた。

以前のものがポリマーを2方向へ引っ張ることによって圧力を加えていたのに対し、今回のものはディスク状の層を4方向に引っ張ることで機能する。

圧力が加わってない状態では、ディスク状の層が浅いボールのように曲がり、別の層に空気を送り込むことによって素早い動きを作り出す。これによって水中では、水を押し出して前進する仕組みだ。

モノをつかむロボットにも応用

実験ではクラゲロボットは、平均53.3mm/秒の速度で泳ぐことができたという。

さらに研究チームは、クラゲロボットの原理を応用してモノをつかむロボットを開発。通常、モノをつかんで保持する際にはネルギーが必要なのに対し、同ロボットではエネルギーを使うのはグリッパーを開くときのみだ。

参照元:Jellyfish-Inspired Soft Robots Can Outswim Their Natural Counterparts/ NewsWise
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報