海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ETHチューリッヒ発の建築スタートアップ「incon.ai」はARで作業をガイド

Tech

ETHチューリッヒ発の建築スタートアップ「incon.ai」はARで作業をガイド

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
現時点で、ロボットは緻密に計算して構造物を組み立てるのは得意な一方、導入コストに見合った柔軟性や機動性を持ち合わせているとはいいがたい。

こうしたなか、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)の研究者は、ARをベースにした建築技術を開発した。同技術を用いることで、ロボットの正確さとヒトの匠の技を組み合わせることが可能。ブロックを正確な位置に配置でき、斬新なデザインの建築物にも対応できるという。

オブジェクトを認識してブロックの配置位置を正確に映し出す

研究者が開発では、建築家による設計をソフトに読み込み、これに基づいて現場でヒトがブロックを積み上げる。作業中のスポットにはカメラが向けられ、ソフトがオブジェクトを認識してもとの設計と比較。モニタにブロックの配置位置を正確に映し出す。

モニタを見ながら作業することで、ミリメートル単位の精度でブロックが配置できる(作業の様子は動画で見られる)。従来の建築技術でこのような精度を達成するには、多大な労力を要するという。

ブロックを特別な角度に配置できるので、複雑なデザインを実体化することも可能だ。

まったく新しい建築物も実体化できる

この技術はすでに2つのプロジェクトで使用されている。ギリシャのオリンポス山麓にある総面積225m2のワインセラーは、地元企業が3カ月足らずで建築した。また、チューリッヒ近郊のカフェテリアの壁は、非対称形状の木材ブロックで構成されていて、ブロック間に吸音と換気のための隙間のある複雑なデザインだ。

研究者はスタートアップincon.aiを共同創設。ARを活用した同技術をブラッシュアップしている。

ソフトをより使いやすものに改良するとのことで、まったく新しい建築物が次々登場する可能性がある。

参照元:Crooked to the millimetre/ ETH Zurich
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報