海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ドローンの操縦スキルを可視化!スカイエステートが「ドローン操縦士技能検定」をスタート

Tech

ドローンの操縦スキルを可視化!スカイエステートが「ドローン操縦士技能検定」をスタート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
さまざまなドローンビジネスを展開するスカイエステート株式会社(以下、「スカイエステート」)が、「ドローン操縦士技能検定」をスタートした。

ドローンの飛行軌跡によって判定

スカイエステートは、「卒業生の進路につながる技術指導」をコンセプトとしてドローンスクールを運営し、幅広いニーズに対応できるカリキュラムを展開してきた。その中で、ドローン操縦士のスキル可視化は優先度の高い課題と判断。

そこで、今回の「ドローン操縦士技能検定」を開始した。同検定では、株式会社トプコンが手がけるトータルステーションを活用し、ドローンの飛行軌跡を測定。その結果を特定のアルゴリズムで計算し、操縦スキルを5段階で判定する。評価の低い項目に関しては、スカイエステートのスクールインストラクターによる指導を受けられる。

この検定は、スカイエステートが展開するスクールのオープンコース・アドバンスコース・インストラクターコースのカリキュラムに組み込まれている。また、操縦士免許の保有者であれば誰でも有料で受験できるとのこと。年4回までの受験が可能で、結果はデータで発行される。

操縦スキルの定量的な把握に役立つ

最近ではドローン人材を育成するドローンスクールが増えつつある一方で、スクール出身者の操縦スキルが企業の求める基準に満たないケースも多いという。そのようなミスマッチは、スキルの定量的な把握によって未然に防げる。今回の「ドローン操縦士技能検定」が指標となれば、操縦士と企業の双方に大きなメリットがありそうだ。

また、スカイエステートは今後、「外壁調査プロフェッショナルコース」(今年9月開校予定)などの専門コースを順次提供し、ビジネスシーンで活躍できる操縦士の育成を支援していく。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報