海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech VFX技術とライブパフォーマンスの融合!新感覚のライブ配信コンテンツ「LIVE-X」

Tech

VFX技術とライブパフォーマンスの融合!新感覚のライブ配信コンテンツ「LIVE-X」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユニバーサルミュージック合同会社は、ライブ配信コンテンツ「LIVE-X」の提供を8月から開始する。

新感覚のコンセプトとユニークなストーリー

最新のVFX技術で製作されたバーチャルライブ会場「LIVE X」は、新感覚の未来型エンタメ体験ができる空間だ。バーチャルと連動させたダイナミックなカメラワークに加え、バーチャルセット空間を自由に動く「3DCGバーチャル撮影」を活用した3D背景がセールスポイント。背景映像は、3D背景アーティストの中村基典氏が「LIVE-X」のために手がけたものとなっている。

ストーリーも非常にユニークだ。舞台は、現在の世界とは時空が異なるパラレルワールド。そこでは、人口増加や環境汚染により、人類が地球を脱出してスペースコロニーへの移住を済ませていた。そのスペースコロニーのライブ会場「LIVE-X」において、アーティストたちによるライブパフォーマンスが繰り広げられる......という設定で、新たな体験に期待を抱かせてくれる。

8月中旬にコンテンツの提供がスタート

「LIVE-X」における第1回目のライブ生配信には、5人組バンドのGOOD ON THE REELが登場。8月16日夜の配信が予定されている。続いて、Hilcrhymeによる配信が9月6日夜に行われる見込み。

視聴に際して、Techableでも以前紹介したライブ配信サービス「Thumva™」への登録が必要となる。配信当日は、視聴者同士のグループビデオ通話やコメント機能も利用可能とのことで、大きな盛り上がりが期待できそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報