海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech プリンストン大が開発の車両用センサー、レーダーを利用して死角の歩行者を検出する!

Tech

プリンストン大が開発の車両用センサー、レーダーを利用して死角の歩行者を検出する!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: Seeing Around Street Corners:Non-Line-of-Sight Detection and Tracking In-the-Wild Using Doppler Radar/ Princeton University

プリンストン大学らの研究チームは、レーダーにAIを組み合わせて死角のオブジェクトを検出できるシステムを開発した。

同システムを自動車に搭載すれば、曲がり角の向こうからくる歩行者や自転車に気づいて安全に対処することが可能だ。

レーダーはLIDARに比べて低コストなことから、一般的な自家用車にも搭載しやすいという。

バックグラウンドノイズの部分を利用してオブジェクトを検出

研究チームが開発したシステムは、ドップラーレーダーを使用している。レーダー信号は、地面や壁の表面に当たって反射。曲がり角の向こうのオブジェクトに当ると、その一部が車に取り付けられた検出器に戻ってくる。このわずかな信号を解釈して、オブジェクトを検出するのだという。

レーダーの空間分解能はLIDARなどと比べて低いが、研究チームは淡いデータを解釈するアルゴリズムを開発。オブジェクト検出には、レーダーで一般的に使用される情報ではなく、通常バックグラウンドノイズとしてとらえられる部分を処理する。

これにより、歩行者や自転車などを識別し、その方向とスピードを測ることが可能とのこと。

安価で一般的なレーダーをセンサーに

路上周辺のオブジェクト検出には、カメラが用いられることが多い。ただ当然ながら、普通のカメラでは死角になっている位置のオブジェクトは検出できないだろう。

研究チームは、以前にも隠れたオブジェクトを検出するシステムを開発している。このとき使用した高出力レーザーは、検出できる距離に制限があり実用に向かなかったことから、今回レーダーを用いた試みにいたったという。

今後研究チームは、レーダーと信号処理の改良を進めるとのことで、死角のオブジェクト検出センサーが市場に登場する日が待たれる。

参照元:New radar allows cars to spot hazards around corners/ Princeton University
Seeing Around Street Corners:Non-Line-of-Sight Detection and Tracking In-the-Wild Using Doppler Radar/ Princeton University
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報