海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 膨大なデータの集計を自動化!キーウォーカーが「KW Data Aggregation」を開発

Enterprise

膨大なデータの集計を自動化!キーウォーカーが「KW Data Aggregation」を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
データ分析サービスを提供する株式会社キーウォーカー(以下、「キーウォーカー」)が、新たなサービス「KW Data Aggregation」を開発した。膨大なデータの集計業務を自動化し、手作業による事務処理ミスを防ぐものとなっている。

集計業務における新たなソリューション

新型コロナウイルスの影響を受け、給付金申請の処理業務にあたる行政機関のニュースが多くなった。そのような業務においては、大量のデータを人力で集計するため、ミスや遅延の発生が問題になりがちだ。

一方で、定型業務の自動化を行うRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールなどを導入した企業は、莫大なランニングコストという課題を抱えていた。

そこでキーウォーカーは、ビッグデータソリューションにおける同社の知見を活用し、集計業務の自動化をコストカットとともに実現できる「KW Data Aggregation」を開発した。

「KW Data Aggregation」の特長とは

「KW Data Aggregation」のデータ収集エンジンは、数百のデータ収集アプリケーションを自律的に運用管理している。これにより、FAX(OCR)やExcel、あるいはCSVやPDFなど、多様な形式のデータの一括管理を可能とした。

さらに、データ量に応じてサーバリソース量を自動調整する仕組みを構築。集計業務に必要な最低限のリソースのみで運用を行うため、パフォーマンスを維持したままで大量のデータをリーズナブルに処理できる。サービスをすでに導入したユーザーの中には、従来のRPAアプリケーションを用いたデータ集計業務の置きかえにより、運用コストを5分の1以下に圧縮した事例もあるという。

「KW Data Aggregation」は、膨大なデータを取り扱うシーンが増えた現代社会において、心強い味方となってくれそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報