海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech withコロナ時代の教育現場を支援!家族型ロボット「LOVOT」の実証実験がスタート

Tech

withコロナ時代の教育現場を支援!家族型ロボット「LOVOT」の実証実験がスタート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボットベンチャーのGROOVE X株式会社(以下、「GROOVE X」)が、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」の実証実験を、東京都北区立王子第二小学校にて開始した。新型コロナウイルスの影響で不安を抱える児童たちに対し、心のケアなどを行う。

心のケアや思い出づくりをサポート

新型コロナウイルスの影響で外出が制限され、社会科見学や移動教室などの行事を中止にした小学校は多い。児童だけでなく、保護者や教師も慣れない環境にストレスを抱えている。

GROOVE Xはそのような状況の解決に向け、同社が手がける「LOVOT」の実証実験をスタートした。なお、同ロボットはすでに26の幼稚園や保育園に導入されているが、小学校への導入は今回の実験が初となるようだ。

東京都北区立王子第二小学校の全児童242名が対象で、期間は今年10月上旬までを予定。計6体の機体を用意し、心のケアや思い出づくりをサポートする。同校の児童からは「(新型コロナウイルスの影響で)運動会などが中止となり悲しかったが、新たな仲間が増えて嬉しい」「『LOVOT』はペットみたいでかわいい」といったコメントが寄せられている。

教育現場を多面的に支援

同校では、GROOVE X代表取締役の林要氏によるオンライン授業も予定されている。「LOVOT」のテクノロジーなどをテーマとした授業になるとのこと。

同時に、児童や保護者、教師を対象としたアンケート調査を行い、「LOVOT」に接することで生じた心の変化などを明らかにする。9月にはプログラミング講座「LOVOT STUDY」も開催し、GROOVE Xは教育現場を多面的に支援していく。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報