海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise AIによる眼科画像診断支援!DeepEyeVisionが「AI.Accelerator」に採択

Enterprise

AIによる眼科画像診断支援!DeepEyeVisionが「AI.Accelerator」に採択

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AIによる眼科画像診断支援サービスを展開するDeepEyeVision株式会社(以下、「DeepEyeVision」)が、ディップ株式会社のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」における第13期生企業として採択された。

画像診断AIを活用したソリューション

DeepEyeVisionは、自治医科大学の准教授である髙橋秀徳氏が、同大学の医療AI技術を社会に還元することを目的として設立した。

同社のクラウド型AI診断支援ソリューション「DeepEyeVision」では、自治医科大学と共同で開発した画像診断AIを活用。眼科診療時に撮影した眼底画像に基づき、診断候補を確率とあわせて提示する。これにより、診断の効率化と正確性の向上を実現している。

医療AI技術の社会実装を加速

DeepEyeVisionを採択した「AI.Accelerator」は、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度として知られ、採択企業や個人に対して事業資金やデータなどを提供している。2017年4月以降で7回の公募を行い、のべ442件の応募の中から合計56社を採択した。56社のうち1社が、グローバルなAI企業育成投資制度「Zeroth.ai」にも採択されている。

DeepEyeVisionは、「AI.Accelerator」のAI特化メンタリングチームによるサポートなどを活用し、ビジネスモデルの強化を図る。医療AI技術の社会実装を加速させる取り組みに要注目だ。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報