海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 顔認証技術でマスクのまま高速検温「KAOIRO」クラウド版登場

Tech

顔認証技術でマスクのまま高速検温「KAOIRO」クラウド版登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
LM TOKYOが、顔認証技術を活用した高速体温測定システム「AI検温モニタKAOIRO-カオイロ-」のクラウド版をリリースした。

顔認証技術で低リスク化

「AI検温モニタKAOIRO-カオイロ-」は2020年5月25日に発売された高速体温測定システム。人工知能(AI)による顔認証技術を活用しており、接触リスクを最小限にする「非接触体温測定」により、医療機関や交通機関、学校やオフィスビル、飲食店や商業季節など人が多く集まる場所で感染拡大の予防対策を可能にしている。

AIによる顔認識機能と表面温度の測定機能を併せ持つデバイスで、大掛かりな設置工事などは必要ない点も特徴の一つ。設定されている温度を超えている場合、アラーム音が発報し発熱者を知らせてくれる。

クラウド版は幅広い用途に

クラウド版は、KAOIRO端末を無線/有線でインターネットに接続することで、PC上で「顔認証」「検温」のログを確認することができる。また、複数のKAOIRO端末を「一元管理」することもできるため、取得したデータをさまざまな用途で活用することが可能に。ブラウザ上で顔認証と検温ログが確認できるため、学校などで入室と同時に非接触体温測定を実施し、出席管理と併用して使用するといった使い方も。

本体価格は、「KAOIRO」と「KAOIRO」クラウド版のどちらも月額20,000円(税抜)、購入した場合は250,000円(税抜)。クラウド利用料は月額2,000円。現在発売を記念し、先着1,000台に限り通常月額20,000円のところを特別価格の月額18,000円にて提供するキャンペーンを展開中とのこと。

LM TOKYO
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報