海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing Web整理券サービスの「VACAN Noline」、東京駅八重洲口での実証実験を開始!

Marketing

Web整理券サービスの「VACAN Noline」、東京駅八重洲口での実証実験を開始!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社バカン(以下、「バカン」)と、JR東日本グループの株式会社鉄道会館は、Web整理券サービス「VACAN Noline(バカン ノーライン)」の実証実験を本日から開始する。

東京駅八重洲口の商業施設「グランルーフ」にて実験が行われ、ユーザーは行列に並ばず順番待ちができるようになる。

実証実験の概要

今回の実証実験は今年7月頃までの予定で、対象はグランルーフの地下1階にある飲食店となっている。ユーザーは店頭のタブレットやWeb経由で整理券を発券し、順番待ちをすることができる。その際にメールアドレスなどを登録することで、順番が近づいたときにスマートフォンで通知を受け取れる仕組みだ。順番待ちの間も館内を自由に過ごせる点は、大きなメリットといえるだろう。

スマートフォンから「VACAN Noline」にアクセス

なお、順番待ちの状況は、グランルーフ入口のデジタルサイネージ(電子看板)にも表示される。これにより、施設内の飲食店の空き状況を把握できるとのことだ。

「混雑」とは無縁の世界に?

順番待ちが発生するほど人気の飲食店では、行列整理のための労力確保が必要になってしまう。加えて、アフターコロナの時代においては、人の密集自体が好ましくない。そうした状況を解決する今回の取り組みは、ユーザーの利便性向上だけでなく、飲食店の労力削減にも貢献していく。

「VACAN Noline」を手がけるバカンは、飲食店などのリアルタイム混雑状況がわかるマップ「VACAN」の展開も進めている。AIとIoTを活用する同社の取り組みによって、私たちの世界は「混雑」とは無縁のものになるかもしれない。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報