海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 仏カルフールがGoogleアシスタントを活用したネットスーパーサービスを開始

Enterprise

仏カルフールがGoogleアシスタントを活用したネットスーパーサービスを開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス小売企業カルフール(Carrefour)は、2020年6月、音声AIアシスタント「Googleアシスタント」を活用した新たなネットスーパーサービスをフランスで開始した。

音声で呼びかけるとGoogleアシスタントが買い物リストを作成

カルフールは、2022年までの中期経営計画で「28億ユーロ(約3345億円)を投資してオムニチャネル化を推進する」との方針を示し、2018年6月、グーグルと戦略的提携を結んだ。

この音声ベースの新サービスでは、ユーザーが「Ok Google, je veux faire les courses(OK グーグル、買い物に行きたい)」という起動コマンドを呼びかけると、「Googleアシスタント」が自然言語処理(NLP)を用いて買い物リストを自動作成。

「チーズ」のような一般名から、具体的な商品名、ブランド名まで適切に処理し、ユーザーの購買履歴や商品の売れ筋などをもとに最適な商品を予測して、カルフールのネットスーパーのショッピングカートに変換する。

ユーザーは、その内容を確認し、必要に応じて商品や個数を修正したうえで、ネットスーパーでシームレスに注文できる仕組みだ。

また、「Googleアシスタント」は、ユーザーがこのサービスを利用するたびに、その購買傾向や嗜好などを学び、ユーザーに合った商品をより高精度で予測できるようになる。

フランスでは46%のユーザーが音声アシスタントを利用

フランス視聴覚高等評議会(CSA)らの2019年5月の調査結果によると、フランスのインターネットユーザーの46%が音声アシスタントを利用している。

カルフールでは、ECの売上高を2019年度時点の13億ユーロ(約1553億円)から2022年度には42億ユーロ(約5018億円)に拡大させる目標を掲げており、この新たなサービスに期待を寄せている。(文 松岡由希子)

Carrefour
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報