海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise CureAppのニコチン依存症治療アプリが、「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

Enterprise

CureAppのニコチン依存症治療アプリが、「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CureApp(以下、「CureApp」)によるニコチン依存症治療アプリが、薬事承認される運びとなった。疾患治療のために医師が患者へ処方する「治療用アプリ」としては、国内初の例になる。

ニコチン依存症の解決を支援

CureAppは、同社が開発するニコチン依存症治療アプリの薬事承認申請を行っていた。本日開催された厚生労働省薬事・食品衛生審議会の医療機器・体外診断薬部会における審議の結果、部会が承認を了承した。

これにより、国内では初の治療用アプリが誕生することになりそうだ。医師が患者へ処方する治療用アプリは、新しい治療法として国内外で注目が高まっている。海外では、国の承認を得て保険償還される形で患者への処方が始まったとのこと。

今回のニコチン依存症治療アプリは、ニコチン依存症をIT技術で解決するために開発された。禁煙外来での診療にあわせて同アプリが治療に介入し、禁煙治療をサポートする。

CureAppは多くの治療用アプリを開発中

ニコチン依存症治療アプリに加えて、CureAppは多くの治療用アプリを開発している。

具体的なものとしては、東京大学医学部附属病院と共同開発・臨床試験中の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリや、自治医科大学内科学講座循環器内科学部門と共同開発・治験中の高血圧治療アプリなどが挙げられる。

これらのアプリ開発による知見を活用した民間法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」は人気を博しており、180以上の企業や健康保険組合への導入実績があるという。

アプリを通じた新しい医療サービスの実現を目指す同社の取り組みには、今後も要注目だ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報