海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech UCLAがスマートウォッチの裏に貼り付けるタイプのセンシングフィルムを開発!

Tech

UCLAがスマートウォッチの裏に貼り付けるタイプのセンシングフィルムを開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: Yichao Zhao/UCLA

最近では心拍数や活動量だけじゃなく血圧まで測れるものもあるスマートウォッチが、さらに健康管理に役立つものとなりそうだ。

Image: Yichao Zhao/UCLA

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者は、スマートウォッチの裏面に貼り付けて、汗からさまざまな健康指標が測れるフィルムを開発した。

フィルムと同時にアプリも開発しており、リアルタイムで表示したりデータを管理したりが可能だ。

汗に含まれる微量な代謝物質を検出

Image: Yichao Zhao/UCLA

このセンシングフィルムは、汗に含まれる微量な代謝物質や栄養素が検出できる。センサーには、ターゲットに応じた酵素が組み込まれ、いまのところグルコースや乳酸塩、コリンなどが測定可能とのこと。

バイオマーカー分子の性質を指標に、身体の状態をリアルタイムに把握。例えば、乳酸レベルを見て疲労の度合いをチェックするような使い方ができるだろう。

粘着フィルムの肌に触れる側が汗の成分を収集し、化学的構成を分析する。時計に面した側は、化学信号を電気信号に変換し、スマートウォッチで処理して表示する。

将来的には市販のスマートウォッチでそのまま使える

Image: Yichao Zhao/UCLA

粘着フィルム上にセンサーを設置することで、リストバンドが不要になり、ユーザーの動作によるズレの影響も考慮する必要がなくなったという。

オフィスワーカーなど座りがちな仕事をしている人や、ボクシングなど活動的な仕事をしている人でテストし、センシングフィルムの実用性が示された。

テストは特別なスマートウォッチで行われたが、将来的に市販のスマートウォッチにも適用できるようになるとのことで、お手持ちのApple Watchをそのまま高性能化できそうだ。

参照元:Adhesive film turns smartwatch into biochemical health monitoring system/ UCLA Newsroom
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報