海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 自動演奏機能付きピアノを活用!フライブルク音楽大学の「リモート入試」にヤマハが協力

Enterprise

自動演奏機能付きピアノを活用!フライブルク音楽大学の「リモート入試」にヤマハが協力

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハ株式会社(以下、「ヤマハ」)は、ドイツのフライブルク音楽大学が6月10日(日本時間)に実施した入学試験に協力。

同社の自動演奏機能付きピアノ「Disklavier(ディスクラビア)™」を用いて、遠隔地からでもピアノ演奏の実技試験を受けられる「リモート入学試験」をサポートした。

名門音楽大学に協力

フライブルク音楽大学は、1946年の開校以来、著名な音楽家を数多く輩出する名門音楽大学だ。例年6月の入学試験には世界各地から受験者が訪れるが、今年は新型コロナウイルスの影響により、外国人の現地受験が難しくなっていた。

そこで、ヤマハの技術によって遠隔地からの受験を可能にする「リモート入学試験」を導入。

この取り組みでは、演奏を高精度で再現できるピアノ「Disklavier™」の自動演奏機能とネットワーク接続機能を活用。日本で2名、中国で1名が「リモート入学試験」を受験した。

「リモート入学試験」の具体的な方法とは

今回の試験では、日本のヤマハホール(東京都)、中国のヤマハ現法オフィス(上海)、フライブルク音楽大学の各所に「Disklavier™」を設置。それらをネットワークで接続し、日本と中国における演奏をドイツで忠実に再現。その演奏を試験官が評価する方法で実施した。

「Disklavier™」の活用実績として、ピアノライブを多拠点で同時生中継するイベント「リモートライブ」などが挙げられるが、今回のような「リモート入学試験」は初めての試みだったという。

ヤマハは、離れた場所でも同じ演奏体験を共有できる自動演奏技術の活用を通じて、さまざまな課題に対するソリューションを提案していく。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報