海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise AIが商標を自動監視!「Cotobox商標モニタリング」の提供がスタート

Enterprise

AIが商標を自動監視!「Cotobox商標モニタリング」の提供がスタート

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン商標登録サービス「コトボックス」を運営するCotobox株式会社が、AI技術を活用した「Cotobox商標モニタリング」の提供をスタート。

競合の商標情報をリアルタイムで把握できるサービスとして、さまざまな企業の成長を後押しする。

サービスの概要

「Cotobox商標モニタリング」は、オンライン上での知財侵害を未然に防ぎ、自社ブランドの保護などに貢献してくれる。

主な機能として、「競合チェック」を実装。競合の会社名を事前登録することで、その会社の新規商標と事業領域を察知できる。また、自社の事業領域を登録しておけば、その領域に出願された商標などもチェック可能。

サービスの利用料金は月額980円(税抜)。1カ月あたりの料金が割安になる年間プランも用意されている。

「Cotobox商標モニタリング」のWebサイトへ

開発の背景

新型コロナウイルスの影響を受け、SNSやECサイトを含むインターネットの活用が盛んになっている。そのような状況において、商標侵害に関するトラブルのリスクは以前より高くなったという。

具体的には、「使用予定のネーミングを、競合他社に商標登録された」「自覚なく、他社商標と類似の商品パッケージを発注した」などの事例が挙げられる。これらのトラブルを防ぐためには、商標登録情報を日々確認することが必要だが、コストなどがネックとなってしまう。

今回の「Cotobox商標モニタリング」は、前述の課題を解決するために開発された。AIが自社・他社の商標を自動で監視することで、事業成長を知財の面からサポートしていく。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報