海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中

Enterprise

親を想うきっかけに!IoTサービス「omu」がMakuakeにて出資を受付中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅設備機器販売の株式会社NITTO CERAが、IoTサービス「omu」をノバルス株式会社と共同開発。

トイレの使用履歴を通じて、設置者(親)の生活リズムを可視化する。また、同サービスに関するプロジェクトが、クラウドファンディングサイトの「Makuake」にて始まった。

親を想う気持ちをサポート

「omu」は、トイレ使用時に流れる水を検知するIoTサービスだ。生活導線上にあるトイレの使用データを通じて、親の生活リズムを知ることができる。

設置方法は非常にシンプルで、機器をトイレタンクに置くだけ。時間や費用のかかる設備工事を不要とした。

機器の重量は約105gで、通信方式としてBluetoothを採用。一般的な単4形の乾電池(2本)を動力源としている。

利用にあたっては、原則として契約者と設置者双方による専用アプリのインストールが必要。利用中はトイレの使用データがアプリ上に蓄積されるため、日々の使用状況を把握できる。一定期間にわたって使用されていないなどの異常を検知した場合、スマートフォンに通知が届くとのことだ。

「Makuake」にてプロジェクトが始動

今回、クラウドファンディングサイト「Makuake」におけるプロジェクトがスタート。

「Makuake」内のプロジェクトページへ

今年9月13日まで出資を受け付ける予定で、支援目標金額は200万円。「All or Nothing(達成後支援型)」の支援方式となっており、リターンとして機器と使用料のセットなどが用意されている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報