海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 全長2m級の帆船型ドローン「Type-A」が、海上での自動操船と自律航行テストに成功!

Tech

全長2m級の帆船型ドローン「Type-A」が、海上での自動操船と自律航行テストに成功!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
エバーブルーテクノロジーズ株式会社が手掛ける帆船型ドローン「Type-A(タイプエー)」が、海上での自動操船と自律航行テストに成功。

今回のテスト成功を受け、さまざまな分野への活用を想定した開発を進めていく。

神奈川県における実証テストに成功

帆船型ドローン「Type-A」は、漁業支援や海洋探査などを想定して開発された、全長2mクラスのモデルだ。

ハル(船体)の基本設計は、有限会社ACTの金井亮浩氏によるもの。同氏は、世界的ヨットレースにおけるレース艇デザインなどの実績を持つ。自動操船ヨットに最適な構造を採用し、帆走効率を最大化した構成となっている。

そして、船体の設計製造には3Dプリンタを活用。通常の設計製造とは異なり、3Dモデリングされたデータを直接プリントアウトすることで、製造期間の大幅な短縮とコストの低減を実現。

このように先進的な取り組みによって生まれた「Type-A」の実証テストを、神奈川県逗子市の逗子海岸にて実施。

テスト内容は、海上における2つの経由地を半径5mの範囲で経由し、帆走と補助モーターを利用して、自動でスタート地点に戻るというもの。「マニューバビリティテスト」と呼ばれるこの実験は、無事に成功したとのことだ。

多方面での活躍に期待

今回の実証テストの成功を受け、漁業分野における後継者や労働力不足の解決を目指す。また、海洋調査分野での活用に向けて、無人調査を想定した量産機の開発を予定。

さらに、2~6人乗りの無人自動帆船海上タクシーの開発も計画されており、多方面での活躍が期待できるものとなっている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報