海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing バーチャルSNS「cluster」が「REALITY」とのアバター連携機能をリリース!

Marketing

バーチャルSNS「cluster」が「REALITY」とのアバター連携機能をリリース!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラスター株式会社(以下、「クラスター」)は、同社が運営するバーチャルSNS「cluster」における新機能をリリース。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(以下、「WFLE」)によるバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」と連携し、同アプリで作成したアバターが「cluster」内で使用可能になる。

「cluster」と「REALITY」とは

バーチャルSNS「cluster」では、スマートフォンやパソコンなどのデバイスを経由して、バーチャル上のイベントなどに参加できる。また、専用ツールを使ったオリジナルアバターやCG空間のアップロードにも対応。

そして、今回の連携機能の対象となった「REALITY」は、スマートフォン向けのバーチャルライブ配信アプリだ。オリジナルアバターを簡単な操作で作成可能なほか、モーションキャプチャ技術を用いたリアルなライブ配信を通じて、視聴者とのコミュニケーションを楽しめる。

連携機能リリースの背景

前述の「cluster」においては、オリジナルアバター作成の難易度が課題となっていた。そこでクラスターは、アバター連携の強化を目的として、今年1月6日にWFLEと資本業務提携を実施。

今回の連携機能リリースにより、「REALITY」でアバターを作成した後、それを「cluster」の空間に持ち込んで遊べるようになった。また、既存の「REALITY」ユーザーも、保有中のアバターを用いて「cluster」に入り、各種イベントなどに参加できる。

連携方法の詳細ページへ

今後、クラスターとWFLEの両社は、連携の第二弾に向けたサービス開発を進めていくとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報