海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 住宅営業を効率化!工務店向けAR・VR営業プレゼンツール「WARP HOME」

Enterprise

住宅営業を効率化!工務店向けAR・VR営業プレゼンツール「WARP HOME」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ジブンハウス(以下、「ジブンハウス」)が、「WARP HOME(ワープホーム)」をリリース。

「AR敷地見学機能」や「VRバーチャル内覧機能」などを備えた営業プレゼンツールとして、全国の工務店への展開を進めていく。

「WARP HOME」の主要な3機能

AR・VR営業プレゼンツール「WARP HOME」は、特徴的な機能を3つ備えている。

まず「敷地見学機能」では、AR技術を活用。何もない敷地にタブレット端末をかざすと、選択したモデルハウスがARで出現。実際のモデルハウス見学さながらに、AR上で家の中を歩き回ることもできる。

続いて「バーチャル内覧機能」は、VR技術を使った機能となっている。それぞれの工務店が持つオリジナルのモデルハウスを、高精細なVRとしてデータ化。顧客への説明時に活用することで、商品の魅力アピールに役立てる。

そして「土地・建築自動マッチング機能」では、土地の条件と照らし合わせて、建ぺい率や容積率などをクリアした物件候補を自動で選出。希望の土地に建てられる商品のピックアップに対応し、商談のスピードアップに貢献する。

「WARP HOME」のリリースランディングページへ

工務店の営業活動を最新技術でサポート

住宅販売において、工務店は顧客の相談窓口としての役割を担っている。ただし、その営業活動には「図面などの作成に多くの時間や手間が必要」「営業スキルが均一化できていない」などの課題があったという。

ジブンハウスは、前述のような課題を最新技術で解決するための取り組みを行ってきた。それによって培われたノウハウやテクノロジーを凝縮し、どのような工務店にも応用可能なパッケージにまとめたものが「WARP HOME」だ。住宅営業を効率化するツールとして、今後は全国の工務店への導入を目指す。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報