海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up Withコロナ時代のオフィスに! ポッド状のワーキングスペース「Q.workntine」が斬新

Start Up

Withコロナ時代のオフィスに! ポッド状のワーキングスペース「Q.workntine」が斬新

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスは世界で今なお猛威をふるっているが、日本を含めひとまずピークは過ぎたと判断した国々では経済活動を再開させている。そこでいま、浮上している問題が、オフィスに人を戻す方法だ。

いつ感染が再拡大してもおかしくないというリスクを背景に、企業は時間差出勤や、在宅勤務との組み合わせなど、なるべくオフィスに社員が密集しないように頭を悩ませている。そんな中、とあるオフィスデザインが注目を集めている。同じフロアで働く人同士が接することがないよう、オフィスの中にポッド状の個室を置くというものだ。

“隔離的”な個室

エジプト・カイロ在住のデザイナーMohamed Radwan氏が手掛けた「Q.workntine」は六角形のポッド状の個室。この名称は隔離を意味する「quarantine」と「work」からきていて、他人との接触を減らすことを意図している。

パーテーションで仕切るオフィスは多いだろうが、Q.workntineは完全に個室。その中にデスクや椅子が配置される。扉や天井の一部が透明で、閉じ込められている感はさほどなさそうだ。

扉はタッチレスで開閉

このデザインにはいくつかの新型コロナ対策が施されている。まず、空気清浄機機能付きのファンを2つ搭載している。それから、扉は手で触れなくてもいいよう、顔認証で開閉できるようになっている。また掃除や消毒がしやすいよう、壁はあえて無孔材を採用している。

加えて、ポッドが六角形なのも意味がある。六角形だと直線や蜂の巣状などにポッドをつなげることができ、オフィススペースを効率的に使えるのだという。

メーンのポッドは正六角形だが、椅子を3つほど置ける細長い六角形のポッドも用意されている。こちらは管理職の個室、あるいは打ち合わせ室といった使用を想定しているようだ。

一部ではオフィス不要論も展開されているものの、完全にオフィスをなくすというのは現実的には難しい。ただ、何らかの新型コロナ対策は必要、というのがいま広く共有されている認識だろう。Q.workntineはまだコンセプトだが、Withコロナ時代のヒントになりそうだ。

Q.workntine

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報