海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 事故対応を迅速に!ボッシュが二輪車向け自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発

Enterprise

事故対応を迅速に!ボッシュが二輪車向け自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボッシュは、二輪車向けの自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発。交通事故の発生時、ライダーが迅速に救助を受けられるようなシステムとなっている。

なお、日本での展開は未定で、まずはドイツのユーザーに対して提供が始まる見込み。

「ヘルプコネクト」の概要

「ヘルプコネクト」では、二輪車に搭載した慣性計測センサーユニットからの情報を活用。独自の衝突検出アルゴリズムによって事故の発生を検知すると、スマートフォンアプリを介して情報送信を行う。

事故現場とライダーに関する情報を救急サービスへ送ることにより、事故に遭遇したライダーの発見に必要な時間を短縮。加えて、ライダー自身の医療関連データ送信に対応し、事故の発生を第三者へ自動的に通知することも可能とした。

スマートフォンアプリとの接続にはBluetoothを使い、ボッシュの緊急通報用アプリ「Vivatar」の利用を想定。なお、他の二輪車メーカーが提供する専用アプリなどにおいても、「ヘルプコネクト」との連携ができるとのことだ。

複数回の実験によって機能性を実証

今回のシステム開発にあたり、ボッシュは実際に発生した二輪車事故データの把握に取り組んだ。特定の事故シナリオを分析し、「ヘルプコネクト」の機能性を実証するためだけに、合計18回もの衝突試験を実施したという。

同システムは、ドイツのユーザーを対象として提供がスタートする見込み。現時点で日本における展開予定は明らかになっていないが、今後のサービス拡大に期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報