海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing 進化を遂げたWebデザインプラットフォーム!「STUDIO 3.0」がリリース

Marketing

進化を遂げたWebデザインプラットフォーム!「STUDIO 3.0」がリリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webデザインプラットフォーム「STUDIO」を運営するSTUDIO株式会社が、「STUDIO 3.0」のリリースを発表。

CMSやアニメーション機能などを新たに搭載し、ユーザーにとっての利便性がアップした。

「STUDIO 3.0」の新機能について

従来のバージョンから進化を遂げた「STUDIO 3.0」は、複数の新機能を搭載。

まずは、CMS機能「STUDIO CMS」が挙げられる。これは、ドキュメント作成はもちろんのこと、共同編集やコメントから公開までの作業を、1つの場所で完結させてくれるというもの。加えて、リアルタイムの共同編集機能も備えている。

そして、「アニメーション」はユーザー待望の機能といえるだろう。デザインに対して自由自在に動きを与えることで、さらに魅力的なサイト制作を可能とした。

また、作業をスムーズにしてくれる機能「シンボル」も実装。サイト内において利用頻度の高いヘッダーなどのパーツは、「シンボル」として共通パーツ化することが可能になった。これにより、デザインの作成を効率化する。

「STUDIO」の概要

次世代のWebデザインプラットフォーム「STUDIO」では、ユーザーが作成したデザインを実際のWebサイトとして公開・運用できる。そのため、コードやテンプレートに縛られない、自由自在なサイト制作が可能。

2018年4月の正式版リリース以来、革新的なサービスとして多くのユーザーに愛され、7万人以上の登録者数を誇る。また、公開サイト数は1万サイトを突破したとのこと。

なお、Techableでは過去にインタビュー記事を公開しており、同サービスに興味のある方は必見の内容となっている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報