海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 完全ワイヤレス! ソーラー発電しながら駆動するセキュリティカメラ「EyeCube」

Start Up

完全ワイヤレス! ソーラー発電しながら駆動するセキュリティカメラ「EyeCube」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
玄関先や室内に設置するセキュリティカメラは、かつては高価なものが多かったが、今ではかなりリーズナブルプライスになっている。また、映像をスマホなどでリアルタイムに確認できるなど利便性も向上している。

そのセキュリティカメラをさらに進化させたタイプが登場した。ソーラーパネルを搭載し、太陽光で発電しながら駆動する「EyeCube」だ。

3面にソーラーパネル

名称にある通り、EyeCubeはキューブ状のデザインで、1つの面にカメラやセンサー、そして3つの面にソーラーパネルを搭載している。

ソーラーパネルで発電した電気が容量3000mAhの内蔵バッテリーに蓄えられ、その電気で作動する仕組みだ。基本的にはケーブルでつないだり充電したりする必要がなく、設置後は放置できる。

開発元によると、フル充電されていれば太陽が照らなくても最低3カ月はケーブルフリーで駆動するとのこと。もちろん防水性能を搭載している。

ビデオドアフォンとしても

機能面では、不審者が庭に侵入した時、あるいは玄関先に配達人が来た時など、動きを感知したときのみ自動で撮影が始まる省エネモードが用意されている。その際はアラートがユーザーのスマホにも送られる。

レンズの画角は120度、映像の解像度は1080p。撮影データはSDカード(最大128GBをサポート)に保存される。有料にはなるがクラウドストレージサービスも用意されている。

そしてEyeCubeの映像はスマホなどからリアルタイムで確認することもでき、またスピーカーとマイクも搭載しているのでビデオドアフォンとして、あるいは赤ちゃんモニターとしても活用できるなど用途は広い。

EyeCubeは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を展開中。今なら75ドル(約8100円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成し、6月29日まで出資を受け付けたのち今年9月にも発送が始まる見込みだ。

EyeCube/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報