海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 楽天GORA、ドローンを用いゴルフコース管理効率化を図るサービスの試験提供開始

Tech

楽天GORA、ドローンを用いゴルフコース管理効率化を図るサービスの試験提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天株式会社は、ゴルフ場予約サイト「楽天GORA」の事業において、ドローンの撮影画像を活用してゴルフコース管理を効率化するサービスを今秋に開始する見込みだ。

これに先駆け、茨城県水戸市の浅見ゴルフ倶楽部への試験提供を2020年6月1日より開始した。

3種類の画像でコース管理を効率化

同サービスは、事前にプログラムしたルートを自動航行するドローンが撮影したコース画像を専用ソフトで分析し、複数のコースの状況をPC画面上で一括管理できるというもの。ドローンは「通常撮影画像」に加え「芝の活性度を示す画像」と「芝の表面温度を示す画像」の3種類の画像を撮影できる。

ドローンが撮影した画像からは、これまでコース管理者が見たり触れたりして判断していた芝の活性度や表面温度などの育成状況、芝への日照を妨げる木々の繁殖、ゴルフカートによる芝のダメージ箇所などが判別できるようだ。

また、薬剤や肥料、水の散布状況の把握も可能となるため、それらを与える場所・量・頻度などの最適化を図れるという。

つまり、同サービス導入により、省人化と維持コストの低減が期待できるということだ。

若者の意識とゴルフ場の変化

現在、あらゆる業界で人手不足が深刻な課題となっているが、ゴルフ場での人手不足もかなり深刻だという。一般社団法人ゴルフ場経営者協会の調査では、コース管理にあたる社員が「不足気味」あるいは「欠員状態」と感じているゴルフ場が50%を超えると判明。

その要因は都市部から離れた立地にあることや、土曜・日曜・祝日の勤務、雨天により急きょ休みとなるような不安定な勤務体制などさまざまだろう。

そのなかで、日本ゴルフ場経営者協会はゴルフ場を定年後も活躍できる場とすべく、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から事業を受諾し「ゴルフ場業高齢者活躍に向けたガイドライン」を策定するなど、人員確保の方法を模索中だ。

一方で、CCCマーケティング株式会社が2019年12月に実施したゴルファーとノンゴルファーを対象とした調査では、競技人口の減少や高齢化はあるものの、60~70代男性を中心に根強い人気があると判明。さらに、多趣味でアクティブな若者ノンゴルファーのうちゴルフを始めたいと関心を示す人も一定数いるとわかった。

また、ゴルフダイジェスト社のコンサルティングマガジン『ゴルフ場セミナー』2020年2月号には、「若手経営者が描く グランドデザイン」や「集客戦略を考える」などゴルフ場活性化のアイデアが数多く掲載されている。

今後、競技人口の増加やゴルフ場活性化がなされたとき、重くのしかかりそうな人手不足という課題を同サービスを導入することで解決へと導けるかもしれない。

楽天株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報