海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech イオンモールがソフトバンクのAI検温ソリューションを導入

Tech

イオンモールがソフトバンクのAI検温ソリューションを導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク株式会社は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の取り組みのひとつとして、AI検温ソリューション「SenseThunder(センス・サンダー)」を、イオンモールの施設へ納入したことを発表した。

マスクをしたままでも検温可能

「SenseThunder」は、AI顔認識技術と赤外線カメラを使い、マスクを着用したままでも対象者の体温を測定し、感染症の拡大予防につなげることができるソリューション。AIを活用した「独自の顔認証デバイス」と「サーモグラフィカメラ」の組み合わせにより、わずか0.5秒で個人認証と体温測定を同時に実施し、高精度かつ高速な検温が可能な点が大きな特徴だ。

既存のセキュリティーゲートへの装着やスタンドへの設置が可能で導入しやすく、来訪者の検温や、検温と顔認証による入退出管理など、用途に合わせた利用が可能になるという。

異常を検知すると警告

今回イオンモールに納入されたのは、「SenseThunder」のラインアップのうち、コンパクトモデルである「SenseThunder-Mini(センス・サンダー・ミニ)」。

「SenseThunder-Mini」は所要時間0.5秒で、かつ±0.4度の精度で検温可能な点が特徴。マスクや眼鏡を着用したままで、さらに0.5~1.2メートルの距離からでも、0.5秒以内に検温および顔を検知ができるというスピーディーな測定を実現した。体温異常を検知した場合、分かりやすい画面表示でユーザーへ検温結果を知らせたり、音声またはブザーで警告する機能も備えている。

すでに新型コロナウイルス感染症の予防対策として、国内の官公庁や病院、企業での利用が広がっているという同ソリューション。ジムなどの運動施設での利用者の体温測定や、飲食店での接客・調理スタッフの体調管理などへの活用も想定されており、企業や病院のみならず幅広いシーンで導入されていくのではないだろうか。

ソフトバンク
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報