海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 通勤時の感染リスクを減らす!少人数制シャトル「nearMe.Commute」が運用開始へ

Enterprise

通勤時の感染リスクを減らす!少人数制シャトル「nearMe.Commute」が運用開始へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー相乗りアプリ「nearMe.(ニアミー)」を提供する株式会社NearMeが、通勤シャトル「nearMe.Commute(ニアミー コミュート)」の運用を6月1日から開始する見込み。

少人数制のシャトルとして、通勤における新型コロナウイルス感染リスクの低減に貢献していく。

通勤時のウイルス感染リスクを最小限に

「nearMe.Commute」は、自宅からオフィスまでのドアツードア通勤を可能にする少人数制シャトルだ。ハイエースやアルファードなどの大型車を活用し、通勤時のウイルス感染リスクを最小化する。

サービスにおける感染対策は万全そのもの。乗車中の車内換気の徹底はもちろんのこと、すべての乗務員が運行前に検温を行い、マスクを着用。また、車内の清掃時にはアルコール消毒を実施する。

そして、乗客に対しても同様に、アルコール消毒(車内に設置)やマスク着用といった対応を求めるとのこと。サービスは事前予約制で、万が一感染が起きた場合でも感染者を特定可能とした。

利用希望の企業・団体を募集中

「nearMe.Commute」の運用は6月1日にスタート。同サービスにおける利用企業の募集は4月16日から行われ、10社以上の企業の参画が決定している。なお、現在も募集は継続中。

「nearMe.Commute」の詳細ページへ

まずは東京駅・渋谷駅周辺の2エリアをシャトルの発着点とするが、需要に合わせて対応エリアは順次拡大していく予定。テレワーク期間の終了を決定した企業も見られ、安全な通勤方法の必要性が高まる中、今回のサービスはそのようなニーズに応えるものといえそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報