海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 紙メニューを電子化!飲食店向けサービス「Smart Menu」のβ版が公開

Enterprise

紙メニューを電子化!飲食店向けサービス「Smart Menu」のβ版が公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」を運営する株式会社SARAHが、飲食店向けの電子メニュー化サービス「Smart Menu(スマートメニュー)」のβ版をローンチした。

既存の紙メニューの電子化により、飲食店における新型コロナウイルス対策を支援する。

「Smart Menu」の概要

新型コロナウイルス流行の影響を受け、飲食店には感染防止策の徹底が求められている。店舗設置の紙メニューが新たな感染源になる可能性も指摘されている中、「Smart Menu」は従来の紙メニューを電子化することで飲食店をサポート。

飲食店は、Webフォームもしくは電話にて「Smart Menu」事務局に問い合わせを行う。次に、既存の紙メニューと料理の画像データを送付することにより、事務局が電子メニューを作成。

続いて、電子メニューが閲覧可能なQRコードが発行され、データおよびステッカーという形で飲食店に届く。それを店舗内の各テーブルに貼る(設置する)ことで、飲食店側の準備は完了。

飲食店用の申し込みフォームへ

利用客は、前述のQRコードをスマートフォンなどで読み込む。その後、Web上で電子メニューを閲覧し、注文したいメニューを選ぶという仕組み。

正式版も今夏リリースへ

「Smart Menu」のβ版ローンチにあたっては、事前にテストを実施。今年3月から、都内飲食店を中心とした30店舗にて同サービスが導入されていた。

現在は、今夏中のリリースを目標として正式版の開発が進む。正式版では顧客データを飲食店が管理できるようになるほか、顧客の再来店を促進可能なマーケティング機能も実装予定とのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報