海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing 農業プラットフォーム「agmiru」に画像解析サービス「agmiru×IROHA」が登場!

Marketing

農業プラットフォーム「agmiru」に画像解析サービス「agmiru×IROHA」が登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SBテクノロジー株式会社(以下、「SBT」)とリデン株式会社(以下、「リデン」)は、オープンイノベーション農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」における新サービスとして、「agmiru×IROHA」の提供を開始。

株式会社スカイマティクス(以下、「スカイマティクス」)の葉色解析サービス「いろは」と連携した画像解析サービスとして、農業従事者をサポートする。

「agmiru」と「いろは」とは

農業プラットフォーム「agmiru」は、データ活用によって確実性の高い農業経営を実現するサービスだ。もともとは農業資材の比較を行えるマッチングサービス「AGMIRU」として、2017年6月にSBTが提供開始

そのサービスを、昨年8月にリデンと共同でリニューアル。従来の農業資材の比較・購入に加え、農業ニュースや市況情報などのサービスを提供するオープンイノベーション農業プラットフォームとして、農業分野のデジタルトランスフォーメーションを推進している。

そしてスカイマティクスの葉色解析サービス「いろは」では、インターネットを通じて農地画像の診断・管理を簡単に行える。ドローンによる撮影画像を「いろは」にアップロードして自動的にデータ化し、最新のAI技術などによって作物に最適な解析を行うことで、作物の生育状況や農地の状態を可視化。

農業人口の高齢化などの課題を解決する目的でスマート農業の需要が拡大する中、離れた農地や広大な農地をリモートで確認したい農業従事者を支援する。

「agmiru×IROHA」の概要

今回は前述のサービスが連携し、「agmiru×IROHA」という名前で提供開始。「agmiru」と同一のIDにてログインすることで、有料の画像解析サービスを利用できる。

利用者それぞれのニーズに合わせた「従量課金プラン」と「年間定額プラン」があり、利用には「agmiru」の会員登録が必要。

「agmiru×IROHA」の利用により、画像の解析結果に関して幅広い人と意見を交換できるだけでなく、ユーザー同士で結果を比較することも可能となっている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報