海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 交通誘導の完全自動化を実現!画期的なAI警備システム「KB-eye for 交通制御」

Enterprise

交通誘導の完全自動化を実現!画期的なAI警備システム「KB-eye for 交通制御」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ホワイトボードが、「KB-eye for 交通制御」を開発。AIによる交通誘導システムを活用し、警備員不足の解消や工事現場の生産性・安全性向上を目指す。

また、同システムの実験が山梨県の国道にて行われ、工事現場における片側交互通行警備の完全自動化に成功している。

「KB-eye for 交通制御」の概要

「KB-eye for 交通制御」では、AIが車や歩行者を自動的に誘導する警備システム「KB-eye」を活用。従来は多くの警備員が必要だった片側交互通行の現場において、配置人数の削減を実現する。

具体的な使い方として、片側交互通行の現場の両端にシステムを設置することにより、自動的に交通誘導警備がスタート。AIによる映像解析で道路の混雑状況を把握し、最適なタイミングで信号を切り替えるため、通行車両を滞留させることなくスムーズに誘導することができる。

誘導用の看板には視認性に優れたLEDディスプレイを採用し、昼夜問わず確実な誘導を可能とした。この看板は、「止まれ」「進め」の表示を交互に切り替えて交通誘導を行う。加えて、警備員の映像を表示することにより、既存の工事用信号よりもリアルな誘導ができる仕組み。

また、緊急車両の接近や工事車両の出入りなどによってイレギュラーな誘導を要する場合には、警備員がリモコン操作で信号を制御することも可能となっている。

山梨県の国道での実験が成功

今月20日には、「KB-eye for 交通制御」の実験を実施。工事業者の理解のもと、山梨県の国道に同システムを設置した。当日の8~17時の間において、システムの誤作動は0回、そしてドライバーなどが看板の指示に従った割合は99%だったという。

今後は「KB-eye for 交通制御」を建設会社向けに展開する予定とのことで、同システムが警備のあり方に変革をもたらすことを期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報