海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 仮想空間上でエンタメの共体験を!PARTYが開発したバーチャルパークシステム「VARP」

Tech

仮想空間上でエンタメの共体験を!PARTYが開発したバーチャルパークシステム「VARP」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
クリエイティブ集団のPARTYが、バーチャルパークシステム「VARP」を開発。仮想空間上のアバターを介して、世界中の人がエンタメを共体験できるシステムとなっている。

7月にはバーチャルライブの開催も予定されており、ニューノーマルなエンタメ体験を実現していく。

「VARP」の概要

「VARP」は、仮想空間上でさまざまなエンタメの共体験を提供するためのバーチャルパークシステムだ。

アーティストやイベント主催者は、「VARP」を使ってオリジナルのバーチャルパークを作成。それをiOS・Android対応のアプリケーションとして配布することも可能とした。

ユーザーは前述のバーチャルパーク内を自由に動き回り、音楽ライブなどを世界中のユーザーと同時に楽しむことができる。

「VARP」におけるサウンドシステムでは、音源との距離や方向をリアルタイムで反映。そして、アーカイブ配信やリピート開催などの幅広い配信形態に対応するほか、アーティストの3Dモデリングやモーションキャプチャーにも対応可能となっている。

今後は、アプリ内課金による「物販機能」も搭載予定とのことだ。

7月にはバーチャルライブを開催

新型コロナウイルスの影響を受け、多くのイベントや公演がキャンセルされたエンタメ業界。今回は、PARTYが培った技術やノウハウを「VARP」において活用することで、リアルイベントの代替ではなく、新しいエンタメコンテンツとしてのバーチャルイベントを目指す。

7月には、アーティストとコラボレーションしたバーチャルライブの開催も予定。イベント詳細は6月に明らかにされる見込み。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報