海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech タクシーアプリ「MOV」、乗車中に料金のアプリ決済ができる新機能登場!

Tech

タクシーアプリ「MOV」、乗車中に料金のアプリ決済ができる新機能登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Mobility Technologiesが運営する次世代タクシー配車アプリ「MOV」は、乗車中にタクシー料金のアプリ決済ができる新機能を追加。

2020年5月26日より、宮城県・神奈川県・茨城県・群馬県・岐阜県の「MOV」のタブレットが設置されている車両にて順次開始する。

アプリ配車以外でも使えるアプリ決済

「MOV」は複数のタクシー会社の車両からユーザーに一番近い車両を配車し、ユーザーは到着目安となる時間の確認や乗務員との音声通話ができるサービスだ。また、あらかじめ降車場所を指定すれば乗車時に行き先を伝える必要がないというのも特徴。

そして乗車時にアプリ内で「ネット決済」を選択していれば、目的地到着後に自動決済するためすぐに降りられるというスマートさも魅力のひとつだろう。

ただし、この自動決済はあくまで「MOV」を利用して配車したときのみ使える機能だ。このたび追加された新機能は、アプリからの配車はもちろん、道や乗り場からの乗車にも対応したアプリ決済となっている。

新機能の使い方

同機能は後部座席に「MOV」のタブレットが設置された車両において、最小限の接触でアプリ決済ができるのが特徴だ。決済方法はタブレットに表示される二次元バーコードを読み取る方法と、タブレットから発信される音声トリガーをスマートフォンで受信する方法の2種類。

音声トリガーを受信する方法は同社独自の決済方法であり、ヤマハ株式会社開発の「SoundUD」を採用している。タブレットの「アプリ決済で支払う」を選択し、「MOV」アプリを開いたスマートフォンをタブレットに近づけアプリ内の「決済ボタン」を押すだけで支払手続きが完了する。

対応エリア・車両は今後拡大予定で、2020年8月には全国1.5万台以上で利用可能となる見込みとのこと。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報