海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ビデオ会議で議事録がとれるサービス「Sloos」登場

Tech

ビデオ会議で議事録がとれるサービス「Sloos」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社QuantumCoreは、ウェブ会議や対面ミーティングおいて、参加者の発言内容文字起こしするサービス「Sloos(スルース)」のβ版を無償で提供を開始した。

文字起こしのハードルを下げる

「Sloos」は、Zoom, Teams, Google Meets, Skype等を利用しての会議中に発言者毎に文字起こしができるというサービス。同社が提供を開始した話者認識APIのVDQore(ブイディーコア)を基に開発されたもので、既存のソリューションでは達成が難しい「発言者毎の文字起こし」を実現した。

市場ではすでに発言者毎に文字起こしができるソリューションは登場しているが、数分の高価な専用マイクが必要、数分程度の音声登録が必要、発言者は3名までなどの限定がありなかなか導入しずらいのが現状だった。同サービスはそういった課題を克服したサービスと言えるだろう。

豊富な活用事例

ウェブ会議やミーティングの他には、コールセンターで問い合わせ内容の正確性の向上のため、オンライン診療でカルテの作成、また面談などの会話の可視化などが活用事例として挙げられる。

利用に際しては、登録フォームから申し込みをしアカウントを取得し、初期登録が必要。リリース記念として当面は無料で提供される予定だ。

リモートワークはこれからも継続し、オンライン会議も引き続き主要なミーティング方法になるとみられる中、同サービスは今後の未来の社会を見据えたサービスとも言えるのではないだろうか。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報