海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech オンライン会議で活躍? 自作アバターを簡単に作成できるキットが登場

Tech

オンライン会議で活躍? 自作アバターを簡単に作成できるキットが登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィフス・フロア株式会社は、簡単に2Dアバターを作れる「Facelig用Live2Dアバター簡易作成キット」の発売を開始した。

オンライン会議や飲み会で活躍!

新型コロナウィルスの感染拡大により、オンライン上でのコミュニケーションが増加しているが、ビデオチャットやオンライン飲み会に参加する場合、自分自身の顔ではなく、2Dアバターを使用してのビデオチャットへの参加も増えている。

それに伴い、オリジナルのアバターを自分で作りたいという人も増えているものの、実際にアバターを自作するとなると、それなりの技術や時間が必要になるためそのハードルは高いままだ。同キットは、そんな課題を克服し、自作のアバターを所有したいという要望に答えてくれる2Dアバター制作用のキットになっている。

初心者でも簡単

「Live2Dアバター簡易作成キット」には、Live2Dによるアバターの制作過程を大幅に短縮できる素体と初学者向けのTipsを同梱。Live2D素体は、Live2D初学者には難しい物理演算の設定やアバターの動き設定を調整のみで作成できる仕様になっている。作ったアバターは、配信や通話、動画投稿、画像投稿などに使用可能。

なお、「Facelig用Live2Dアバター簡易作成キット」を使うためには、Facerig用Live2D素体、psd形式が使用できるイラストソフト、Live2D Cubism Editor、Facerig、FaceRig Live2D Module、Webカメラが必要とのこと。価格は1,500円(税込)。

同キットを使用すると自作アバターへのハードルがぐっと下がる印象。これを機会に自作の2Dアバター作成にチャレンジしてみてはいかがだろう?

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報