海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise セブン-イレブンがデンマークでスマホアプリにより販売期限間近の商品を割引販売

Enterprise

セブン-イレブンがデンマークでスマホアプリにより販売期限間近の商品を割引販売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
セブン-イレブン(7-Eleven)は、2020年5月、デンマークの全店舗を対象に、余剰食料販売アプリ「Too Good To Go」を活用し、販売期限間近の商品を詰め合わせた「Happy Bag(ハッピー・バッグ)」の販売を開始した。

余剰食料販売アプリを活用し、販売期限間近の商品を割安で販売

「Too Good To Go」は、デンマークで2016年に開発された余剰食料販売アプリで、現在、デンマーク、英国、米国、ドイツなど、15カ国で展開され、ユーザー数は2220万人を超えている。

食品ロスの削減に取り組むセブン-イレブンは、「Too Good To Go」との提携により、デンマークの全店舗で、「Happy Bag」の販売を開始。

「Happy Bag」は、菓子パンの一種デニッシュペストリーの詰め合わせと、スナック菓子など、様々な食料品の詰め合わせの2種類が用意され、いずれも販売期限間近の「訳あり」商品がまとめて割安で提供される。

ユーザーは、「Too Good To Go」のスマホアプリから注文し、セブン-イレブンの店舗で受け取る流れだ。

試験販売では2万4000個を完売

セブン-イレブンでは、デンマーク全土での販売開始に先立ち、デンマーク国鉄(DSB)の駅構内の店舗の一部で、「Too Good To Go」を介した「Happy Bag」の試験販売を実施。

消費者から予想を超える反響を得、2万4000個が完売した。

セブン-イレブンの「Happy Bag」と同様、「Too Good To Go」を活用し、販売期限間近の食料品を詰め合わせて割安で販売する取り組みは、デンマークの高級食材店Irma(イヤマ)やディスカウントストアのNetto(ネットー)、Lidl(リドル)などでも広がっている。(文 松岡由希子)

Too Good To Go
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報