海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ソーシャルディスタンスを計測するウェアラブルデバイス「Safe Spacer」発表

Tech

ソーシャルディスタンスを計測するウェアラブルデバイス「Safe Spacer」発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
今般の新型コロナウイルス感染拡大により、ソーシャルディスタンスの確保が求められている。国内では緊急事態宣言解除が進み、操業再開する企業も出てくるだろう。

そんななか、イタリアの音楽制作アプリ・音楽周辺機器メーカーのIK Multimediaは、超精密測定でソーシャルディスタンス維持をサポートするウェアラブルデバイス「Safe Spacer」を発表。

特許出願中のデバイス

「Safe Spacer」はもともと同社の従業員用に開発したデバイスだという。そしてこのたび、工場、店舗、オフィス、イベント会場、スポーツジムなどさまざまな場所でのソーシャルディスタンス確保をサポートすべく他企業への販売を決定した。

同製品は、超広帯域通信(UWB)技術を採用し10cmまでの超精密測定を実現。この精度はBluetoothを使用した位置測定の10倍ともいわれている。この精密測定により、他のSafe Spacerデバイスが2m以内に入ったことを正確に感知しアラームで知らせるという仕組みだ。ちなみに、複数のデバイスが接近しても混線しないという。

また、ユーザーがソーシャル・ディスタンスを破る動きを予測してアラートを発信する機械学習アルゴリズムを搭載し、事前に警告することもできる。

同社は販売時期は2020年第3四半期と発表。販売予定価格は€99.99/個(税別)で、ボリュームディスカウントもあるとのこと。

軽量・清潔・アプリで機能性アップ!

同製品は、接近検知・アラーム発信ともにデバイス本体でおこなうため、装着時にスマートフォンなどを所持する必要はない。ただ、カスタマイズやモニタリングのために専用アプリも用意されている。

同アプリと連動することで、アラームを発する距離やアラームの種類(LED、振動、音声)を設定できたり、各デバイスに割り振られたIDの接近履歴を追跡できたり、バッテリー残量を確認できたりと利便性が増すという。ちなみに、プライバシー保護の観点から、割り振ったIDと近接性以外のデータは保存されないとのこと。

本体は軽量で手首に巻いたりポケットに入れたり、ストラップにつけたりと携帯方法はさまざま。導入の際の特別なITインフラは不要で、すぐに使えるのも魅力のひとつだ。さらに、動作はNFC非接触技術やBluetoothを介した非接触でおこなうため、デバイス自体に触れる必要性は最小限ですむ。それでも、使用後に洗浄・消毒することを想定し防水性を備えているという。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報