海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification 新感覚の楽しいトレーニングを!複数の大学によるWebアプリ「Biosignal Art」が登場

‎Notification

新感覚の楽しいトレーニングを!複数の大学によるWebアプリ「Biosignal Art」が登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
立命館大学・順天堂大学・東京藝術大学(COI拠点)が、共同開発によるWebアプリ「Biosignal Art」を発表した。

トレーニングを点数や音楽表現に変換することによってモチベーションにつなげ、運動不足を楽しく解消できそうなアプリとなっている。

これまでの経緯

文部科学省と国立研究開発法人科学技術振興機構は、平成25年度から「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」を開始。

その中で採択された「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点(立命館大学・順天堂大学COI拠点)」と「『感動』を創造する芸術と科学技術による共感覚イノベーション拠点(東京藝術大学COI拠点)」による共同研究が行われ、成果のひとつとしてWebアプリ「Biosignal Art」が発表された。

同アプリ開発において、立命館大学はTechnology(運動解析技術開発)、順天堂大学はSports(運動監修)、東京藝術大学はArt(音楽監修)を担い、それぞれの強みを最大限に発揮して今回のシステムを完成。

楽しく運動できるWebアプリの提供により、新型コロナウイルスの影響で日常生活が制限され、運動不足に陥っている人々を応援する。なお、今回の開発は約1カ月という短期間で進められたとのこと。

Webアプリの概要

「Biosignal Art」では、パソコンの内蔵カメラや外付けカメラで全身を映し、アプリからの指示に従って運動やトレーニングを実施する。

結果は点数だけでなく音楽表現にも反映され、動きが悪いと音楽がノイズに変わるが、動きを改善することで良い音楽を奏でられるという仕組み。

パソコンとWebカメラ(内蔵・外付けは問わない)があれば無料で利用可能で、現在はGoogle Chromeのみに対応。その他のブラウザに関しても順次対応が進む予定となっている。

「Biosignal Art」のページへ

今回のバージョンで実施可能なトレーニングのスクワットに加え、今後はバリエーションを増やしてコンテンツ拡充を図る見込み。また、東京藝術大学作成のイメージムービー追加も予定されており、さらなるバージョンアップに期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報