海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 開業延期のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe」が今夏オープンへ!応援プロジェクトも開始

Enterprise

開業延期のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe」が今夏オープンへ!応援プロジェクトも開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社S&Tホールディングスは、国内初のeスポーツ特化型ホテル「esports hotel e-ZONe ~電脳空間~(以下、「e-ZONe」)」を大阪の日本橋にて開業する。

当初は先月のオープンを見込んでいたが、新型コロナウイルスの影響もあって予定が延期。今年7月の開業に向けて準備を進める。それに伴い、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて開業応援プロジェクトもスタートした。

「e-ZONe」の概要

「e-ZONe」は国内初のeスポーツ特化型ホテルとして、大阪の日本橋でオープン予定。

1階から3階は「ハイスペックPCエリア」として、全72台のゲーミングPCを3フロアに分けて設置する。また、4階から8階は宿泊エリアとなっており、ゲームに没頭するための環境が必要な人にはうってつけといえそうだ。

個人の利用を想定していることに加え、「e-ZONe」では各種大会やイベントが開催される見込み。これにより、利用者間の活発なコミュニケーションも後押しする。

「e-ZONe」公式Webサイトへ

開業応援プロジェクトがスタート

「e-ZONe」は当初、4月24日のオープンを予定していた。ただし、昨今の情勢の影響もあって計画に遅れが生じており、今年7月の開業に向けた準備を進めているという。

そこで今回は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて開業応援プロジェクトを開始。1,000円からの支援が可能で、支援金額に応じて各種リターンも用意した。なお、プロジェクトの終了日は7月3日となっている。

「Makuake」のプロジェクトページへ

日本でも徐々に知名度を高めている印象のeスポーツ。今夏オープン予定の「e-ZONe」が、今後のブームの火付け役になることを期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報