海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 分身ロボット「OriHime」 新型コロナウイルス感染症の宿泊療養施設に導入

Tech

分身ロボット「OriHime」 新型コロナウイルス感染症の宿泊療養施設に導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オリィ研究所は、神奈川県の依頼を受けて遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」を、神奈川県の新型コロナウイルス陽性患者の宿泊療養施設2箇所に導入することを発表した。

コミュニケーションできるロボット

「OriHime」は、オリィ研究所が製品化、提供している遠隔操作型のロボット。育児や介護、身体障害などで会社に身体を運ぶ事が困難な方のテレワークや、病気で学校に通えない児童・学生の遠隔教育ツールとして全国で使われている。

PCやタブレット、スマートフォンで手軽に操作でき、OriHimeの設置、持ち運び利用が簡単なのが特徴で、現在法人向けOriHimeBizとして多くの企業・教育現場で導入中。在宅テレワーク勤務での利用や会議での利用はもちろん、本社支社を結ぶコミュニケーションツールや、多忙な社長や出張が多い社員のツールとしても利用が拡大している。

拡大感染防止と心理ストレス軽減の効果

今回、OriHimeが導入されたのは、神奈川県内の新型コロナウイルス陽性患者のうち、軽症者等を受け入れ療養を行なっているアパホテル&リゾート横浜ベイタワーと湘南国際村センター。顔を動かしたりジェスチャーをするなど、実際にその場にいるようなコミュニケーションがとれる特徴を生かし、感染を防ぎつつ入所者の様子を伺いながらコミュニケーションをとり、ケアを行う目的で使用している。

神奈川県では、入所者のケアを行う際にその表情や様子を伺いながらコミュニケーションを行うことを重要視しており、この背景がOriHimeの導入につながったという。

「孤独の解消」をテクノロジーで解決することをミッションとしている同社では、「分身ロボットカフェ」などの取り組みを行ない難病や重度障害で就労を諦めていた方たちと社会を繋ぎ、支えてきた実績を持つ。新型コロナウイルスの脅威にさらされ、精神的な負担を強いられる患者や医療関係者にとって力強い存在となってくれるに違いない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報