海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Mobile 「moto g8 power」実機レビュー:スマートフォンはバッテリーが命!と考えるあなたに

Mobile

「moto g8 power」実機レビュー:スマートフォンはバッテリーが命!と考えるあなたに

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
私たちの生活において、その重要度が高まり続けるスマートフォン。そこで心配になってくるのがバッテリーだ。

いろいろなことがスマートフォンひとつでできる反面、電池切れは何よりも怖い。不測の事態に備え、モバイルバッテリーを持ち運んでいるという方も多いだろう。

今回レビューを行う「moto g8 power」であれば、そんな心配も不要になるかもしれない。なぜなら、同モデルは5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているからだ。

モトローラによるSIMフリースマートフォンとして、国内ではモトローラ公式ストアやAmazonなどのECサイトで購入可能な「moto g8 power」。セールスポイントであるバッテリーをはじめとして、その機能に迫ってみた。

やはり特筆すべきはバッテリー容量

「moto g8」シリーズの一角に名を連ねる

「moto g8 power」は、「moto g8」や「moto g8 plus」とあわせた「moto g8」シリーズのAndroidスマートフォンとして発売。「power」という名が示す通り、バッテリー容量は同シリーズ中最大の5,000mAhを誇る。

端末の大型化が進む昨今のスマートフォン業界においても、バッテリー容量は4,000~4,500mAhの範囲に収まる機種が多い印象だ。したがって、「moto g8 power」の5,000mAhという数字は、まさしくトップクラスのものといえる。

モトローラ公式ストアでは「約2日間の駆動が可能」という形でアピールされているが、実際のバッテリー持ちがどの程度なのかを確かめるため、YouTubeアプリを用いて簡単な実験を行った。

約2時間の動画を再生

実験内容は実にシンプルなもの。起動直後の「moto g8 power」においてYouTubeアプリのみを立ち上げ、音量・画面輝度ともに50%の設定を保ったまま、約2時間の動画再生をノンストップで行う。その後、バッテリー残量を調べた。

気になる結果は、以下の画像の通り。

動画再生後のバッテリー残量は90%という結果に

約2時間の動画再生後のバッテリー残量は90%で、システム上は「あと19時間(使用可能)」という表示がある。電池の状態や使用条件によって異なるとはいえ、前述の「約2日間の駆動が可能」というアピールにも説得力がありそうだ。

また、大きなバッテリーを搭載していながら、本体重量が約197gと比較的軽いことも魅力。一般的なスマートフォンと比べるとやや重めになるのは当然として、200gを切っている点は評価に値する。

スマートフォンとしては極めてシンプル

電源ボタンのギザギザがユニーク

さて、目玉のバッテリー機能に関してレビューを行ったところで、本体のデザインや性能面に関しても触れていきたい。「moto g8 power」は、カラーリングとしてスモークブラック・カプリブルーの2種類を用意。今回レビューを行ったのは後者となる。

全体的に丸みを帯びたデザインが特徴的で、主観ではあるが少しクラシカルなルックスになっている。角が取れた形状によって、手に優しくフィットするのはプラスポイントといえそうだ。

発色が美しいディスプレイ

ディスプレイはIPS液晶となっており、サイズは6.36インチ。

本体に関して先ほどは「クラシカル」と形容したが、インカメラはトレンドを意識したパンチホール式で、新旧のデザインが入り混じったような不思議な印象を受けた。

パンチホール式のインカメラ

ソフトウェア面に目を移すと、シンプルな見た目のインターフェースとなっている。純正のAndroid OSとほぼ同一のデザインで、使う人を選ばない点がメリットだ。

シンプルなデザインのUI

そして、背面にはクアッドカメラを搭載。画素数は最大1,600万で、マクロや広角撮影も可能となっている。また、望遠レンズは光学2倍ズームに対応し、遠くの被写体でも細部まで鮮明な画像を撮影できる。

加えて、カメラにはAIエンジンを搭載しており、撮影シーンに応じてモードや設定を自動で最適化。クオリティの高い写真を気軽に撮れる点が嬉しい。

今回は、標準・望遠・広角モードによる撮り比べを実施。特に設定をすることなく撮影を行ったが、植物の鮮やかな色をしっかりと再現できているように感じられた。

標準モードによる撮影

望遠モードによる撮影

広角モードによる撮影

現行のスマートフォンの中ではトップクラスのバッテリー容量を誇り、シンプルな使用感が長所の「moto g8 power」。際立った性能は持ちあわせていないが、「とにかく電池残量を気にせず使いたい」という方にはおすすめの一台といえそうだ。

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報