海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 自宅からアクセスできる新たな居場所!仮想世界「ambr」がオープンアクセス(β)を開始へ

Social Media

自宅からアクセスできる新たな居場所!仮想世界「ambr」がオープンアクセス(β)を開始へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ambrが、仮想世界「ambr」のオープンアクセス(β)開始を発表。開始予定は今月25日となっており、本日より事前登録の受付も始まった。

また、今回のオープンアクセス(β)からは、対応のVRデバイスを拡大。従来の「Oculus Go」に加え、「Oculus Rift(Rift S)」「HTC VIVE」でもアクセス可能になる。多くの人が気軽に訪問できる仮想世界を実現し、新たな居場所の創出を目指す。

仮想世界「ambr」の概要

新しい仮想世界「ambr」では、誰もが好きなアバターになって集まり、自由なコミュニケーションを楽しめる。仮想世界の中に自分のルームを開くことも可能で、気になるルームへの参加によって多くの人と交流できるシステムだ。

自分の分身ともいえるアバターは「ambr」内で用意されている。また、3Dキャラクタープラットフォーム「VRoid Hub」とのアカウント連携により、オリジナルアバターの利用も可能とした。

「ambr」には、VRデバイスを通じて自宅からアクセスする。対応機器は、従来の「Oculus Go」に加えて「Oculus Rift(Rift S)」「HTC VIVE」へと拡大。その他の主要VRデバイスに関しても対応を進めていくという。

なお、アプリはOculus Goストア・Steamストアから無料でダウンロードできる。

事前登録の受付がスタート

「ambr」のオープンアクセス(β)開始は5月25日を予定。それに先立ち、本日から事前登録の受付をスタートした。5月20日までに登録することにより、「ambr」内で使用可能なポイントがプレゼントされる。

仮想世界「ambr」事前登録ページへ

バーチャルな世界での交流を楽しめる「ambr」には、現実世界の施設とコラボレーションした多彩な空間も登場予定。情報は随時アップデートされるとのことで、今後の続報から目が離せない。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報