海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up タフで大容量、6台同時対応のモバイルバッテリー「Harbor」はソーラー充電機能付き!

Start Up

タフで大容量、6台同時対応のモバイルバッテリー「Harbor」はソーラー充電機能付き!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプなどのアウトドア時に持っていると便利なのがモバイルバッテリー。常に携帯するスマホやデバイス類を充電するのに必須のアイテムだ。

その重要な電源をソーラー発電で長く使えるようにしたのが、香港のスタートアップが開発した「Harbor」。大容量でデバイス6台の同時充電に対応し、防水・防塵性能も備える。

ワイヤレス充電にも対応

Harborはとにかく多機能さが売り。まずモバイルバッテリーとしての容量はというと3万mAhと、通常のスマホなら9回は余裕でフル充電できる。

また、最大6台のデバイスの同時充電に対応するのもセールスポイント。出力ポートはType-C PDとQC 3.0 USB-Aが各1つ、そしてUSB-Aが3つ。加えてQiワイヤレスパッドも搭載している。

ショートサーキット保護、過充電保護機能があるので、就寝中などにスマホやイヤホン、タブレット、デジカメなどをまとめて充電するという使い方ができる。

懐中電灯としても使える

当然のことながらモバイルバッテリーは使うほどにパワーが減っていくが、Harborにはソーラーパネルがビルトインされ、長持ちさせられる。開発元によると、数時間太陽光にあてるだけでiPhoneを充電できるだけの電力を発電できるとのこと。Harborに取り付け可能な専用10W出力ソーラーパネルをオプションで加えることもできる。

そのほか、アウトドアでの使用を想定し、HarborにはLEDライトが付いている。明るさは900ルーメンで、キャンプなどで懐中電灯して活躍する。万一の事態に備え、SOSフラッシュライト機能も備え、防水・防塵タイプとなっているのも心強い。

Harborは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。今なら出資額はHarbor単体が59ドル(約6300円)〜、ソーラーパネルとのセットが85ドル(約9000円)〜となっている。すでに目標額は達成し、5月21日まで出資を受け付けたのち、7月にも発送が始まる見込みだ。

Harbor/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報