海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile ノルウェー政府、新型コロナウイルス感染追跡アプリ「Smittestopp」を導入

Mobile

ノルウェー政府、新型コロナウイルス感染追跡アプリ「Smittestopp」を導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
北欧ノルウェーの政府機関ノルウェー公衆衛生研究所は、2020年4月、新型コロナウイルスの感染者との接触者を追跡するスマートフォンアプリ「Smittestopp(スミッテストップ)」をリリースした。

リリースから7日間でノルウェーの16歳以上人口の20.5%に相当する約90万人がこのアプリをダウンロードしている。

感染者と接触した可能性のある人にスマホアプリでその旨を通知

ノルウェー政府は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するべく、3月12日から全土で都市封鎖(ロックダウン)を実施したが、4月初旬には流行のピークを脱し、4月20日、幼稚園や小学校を再開させた。

ノルウェーでの新型コロナウイルスへの感染者数は5月3日時点で7759名であり、引き続き、感染者やその接触者の早期発見・早期隔離が求められている。

「Smittestopp」は、無線通信技術BluetoothとGPSを用いて、スマートフォンの位置情報とその周辺にいる他の端末の情報を収集。

新型コロナウイルスへの感染が確認されると、感染者と接触した可能性のある人に対し、スマートフォンにテキストメッセージでその旨を通知する仕組みだ。

ノルウェー公衆衛生研究所では、「Smittestopp」で収集したデータをもとに国民の移動パターンや接触頻度などを分析し、集団感染の発生予測や感染予防策の効果検証にも役立てる。

接触者追跡アプリの導入が広がる

シンガポール政府が3月にリリースした「TraceTogether」やオーストラリア政府の「COVIDSafe」など、「Smittestopp」のような接触者追跡アプリを導入する動きは、世界で広がっている。

現在、英国やドイツでも、同様のアプリの開発がすすめられている。(文 松岡由希子)

Folkehelseinstituttet/Smittestopp
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報