海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Nvidiaのサイエンティストが、安価で素早く大量生産できる人工呼吸器のデザインを公開

Tech

Nvidiaのサイエンティストが、安価で素早く大量生産できる人工呼吸器のデザインを公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nvidiaの研究者が、世界で猛威を奮っている新型コロナウイルスに感染した人の救命・治療に役立ててもらおうと、低コストで製作できる人工呼吸器のオープンソースデザインを公開した。

使用する部品を最小限に抑え、組み立ても簡単、そして製作コストは400ドル(約4万3000円)と桁違いの安さが魅力だ。

使用部品を最小限に

「OP-Vent」と命名された人工呼吸器のデザインを公開したのはNvidiaのチーフサイエンティスト、Bill Dally氏。人工呼吸器不足が懸念される事態を受けて、数週間で開発した。

開発するにあたってDally氏が念頭に置いたのはシンプルさ。素早く、低コストで作れるようにという狙いだ。実際、主要部品は比例ソレノイドバルブとマイクロコントローラーの2つとなっている。そして「その他の部品も普通に購入できたり、3Dプリンターで作れたりするもの」とのこと。

Dally氏がプロトタイプで使用した材料の費用は400ドルで、3Dプリンターを使うなどすればコストはもっと抑えられるという。参考までに、Nvidiaのブログには「従来の人工呼吸器は2万ドル(約210万円)以上する」と書かれている。

緊急使用許可を申請へ

もちろん、医療で使うだけに機能性が何よりも重要だが、この点に関してはすでに肺シミュレーターを使ったテストできちんと作動することが確かめられた。そしていま米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可の申し込み作業を行なっているという。

Dally氏は「人工呼吸器が足りなくなるほどに重篤な患者が増えないことを祈っているが、もしそうでなかった場合、つまり治療を受ける必要のある患者が増えたときに『こうしたものがある』というふうに準備しておきたかった」と語った。

FDAの許可が降り次第、実際の製造を模索するとしている。

Nvidia Blog

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報