海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

‎Notification コロナの時代、飛行機の座席はこうなる!機内インテリアメーカーが「ヤヌス席」を発表

‎Notification

コロナの時代、飛行機の座席はこうなる!機内インテリアメーカーが「ヤヌス席」を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
旅客機の座席を専門にデザイン・製造するイタリアのメーカーが、ソーシャルディスタンシングを重視した新コンセプトの座席を発表した。

新型コロナと共存の時代に

多くの人が密集して座り、密閉された空間で長時間過ごす旅客機は、新型コロナウイルスが猛威をふるっている今、あまり歓迎されない場所ではないだろうか。

この問題を解決するために、イタリアのAvio Interiors社が、座席の新デザインを発表した。

同社は航空機の客席を専門にデザインしている会社で、キャセイパシフィック航空やアシアナ航空、ユナイテッド航空など40社以上をクライアントに持っている。

「ヤヌス席」と名付けられた新座席は、対人距離を確保するために、中央のシートだけが逆向きになっている。

プラスチックのシールドで囲まれた席

「ヤヌス(Janus)」とは、頭の前後に2つの顔を持つローマ神話の神のこと。中央シートが後を向き、窓側と通路側のシートが前を向いていることからイメージしたネーミングだ。

ヤヌス席にはもうひとつ特徴がある。個々の座席がシールドでぐるりと囲まれ、隣の席や通路と隔てられていること。シールドには十分な高さがあり、隣の客や通路を歩く人からの飛沫を防げるという。

シールドの素材はプラスチックで、ニュースリリースによれば、簡単に消毒・滅菌できるものが使われているそうだ。また、半透明からダークなものまで、透け具合を選べるらしい。

新型コロナウイルスの影響で、いろいろなものが変化している。こんな「ヤヌス席」が、これからの旅客機のスタンダードになるのかもしれない。
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報