海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ETHチューリッヒが暗号資産の決済を高速化する新技術!

Tech

ETHチューリッヒが暗号資産の決済を高速化する新技術!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を決済に使うには、まだ課題が多い。そのひとつとして、やり取りに時間がかかるというものがある。ビットコインで、やり取り(トランザクション)の検証に最短でも10分かかってしまい、イーサリアムでも3分は必要だ。

こうしたことから、スイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校の研究チームは、暗号資産での決済を安全、スピーディで実用的なものにするシステム「Snappy」を開発した。

・バックグラウンドで保証金を預けるシステム

トランザクション高速化の技術はいくつも開発されているが、多くはオフラインのサイドチェーンを設け、ブロックチェーンへの書き込みを後からするというもの。高速化が叶う反面、セキュリティや透明性の担保、非中央集権といったブロックチェーンのメリットは半減する。

研究チームは、イーサリアムで機能する高速支払いシステムを開発。Snappyでは買い手は支払額と同額の保証金をシステムに預ける。それに加え、売り手にも同額の保証金が課せられる。

送金が行われると、トランザクションの検証に要する3分間は保証金が預けられた状態に。これがお互い不正ができない仕組みだ。

・スマホアプリでの利用を想定

保証金のもと、支払いは担保されているので、買い手は3分間を待たずにモノを受け取ったりサービスを受けたりが可能となる。

保証金の出入りはウォレットには表示されず、システムはバックグラウンドで実行されるため、ユーザーから見ると支払いプロセスが瞬時に完了した状態だ。

Snappyはまだ実用されていないが、スマホアプリでの利用も想定されているとのことで、QRコードによって一般的な支払いアプリと同じように使えるはず。実装も簡単とのことで、イーサリアム決済の展望が少し明るくなった。

参照元:Making cryptocurrency payments fast and secure/ ETH News
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報