海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スマートスピーカーでスピーチの不安を軽減する技術、ペンシルベニア州立大が発表!

Tech

スマートスピーカーでスピーチの不安を軽減する技術、ペンシルベニア州立大が発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
普段から人前に立つ職業でなくても、そういった機会は避けられないもの。大勢を前にすると緊張してパフォーマンスが落ちてしまう方もいるのではないか。

スピーチの指導を受けるほどの思い切りがなくても、家庭にあるスマートスピーカーがその役割をになってくれるようになるかもしれない。

ペンシルバニア州立大学の研究チームは、Amazon Alexaプラットフォーム上で機能するコーチングツールを開発。検証により有用性が示されたようだ。

スピーチでの否定的な思考を修正してくれる

Amazon Alexaは質問すると答えてくれるものだったが、チームの開発したコーチングツールでは、ユーザーがスピーチに向かう姿勢に対してフィードバックを返してくれる。とりわけ、ユーザーがスピーチに不安を感じているときに効力を発揮し、否定的な思考を認識して修正するのを助けてくれるとのこと。

人間のコーチのジャッジされることに抵抗ある方でも、相手がスマートスピーカーなら気兼ねなく練習ができる。

スピーチでの緊張緩和に

検証では、参加者はAlexaからコーチを受けた後、ARアプリ上の20人の聴衆を前に実際スピーチを実施した。結果、Alexaに親近感が感じられるツールの設計ほど、ユーザーの社交性が向上し、スピーチで緊張が和らげられたようだ。

ちなみにこの研究結果は、ハワイで開催予定だった人間要因とコンピューティングシステムに関するカンファレンス「CHI 2020」で発表予定となっていたもの。要旨はWeb上に公開されている。

同ツールがAlexaプラットフォームに追加されれば、自宅にいながら人前で話す際のパフォーマンス向上が目指せて、需要は大きいに違いない。

参照元:Anxious about public speaking? Your smart speaker could help/ Penn State News
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報