海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Microsoftがバーチャルモニタを実現するHoloLensアプリ開発中か?

Tech

Microsoftがバーチャルモニタを実現するHoloLensアプリ開発中か?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoftが、バーチャルに複数のモニタを配置するアプリを開発している可能性が浮上してきた。

Twitterユーザー(WalkingCat)の投稿にて、HoloLens用のバーチャルモニタ追加アプリと捉えられるスクリーンショットが明かされている。

モニタを購入しなくても設置スペースがなくても、マルチディスプレイ環境が構築できれば確かに便利だろう。

・MR空間上にモニタの追加とレイアウト変更ができる

「Mirage」(あるいは「HoloScreens」「Sanatos」)と呼ばれるHoloLens 2用アプリでは、モニタの追加とレイアウト変更が自在にできるようだ。

同アプリを活用すれば、仕事やゲームで複数のモニタが使えるようになりそうだが、ほんとにリリースされるのかや真の目的は定かではない。

WalkingCatの投稿には、HoloLensアプリとデスクトップアプリのダウンロードリンクも示されていて、実現性はありそうだ。

・Mixed Realityゲーム使いを想定か

最近、LinuxとVRヘッドセットで使えるバーチャルモニタソフトがリリースされたが、同じことができるようになるとすればWindows 10ユーザーにとってうれしいだろう。

ただ、HoloLensは視野角が狭いことから、バーチャルモニタを配置しても快適に使えなそうにない。

このことから、普段仕事で使うというよりも、Mixed Reality(MR)ゲームやリモートミーティングといった特定の用途を想定している可能性もあるだろう。

参照元:WalkingCat/ Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報