海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析

Tech

NECがコロナワクチンの設計情報をAIで解析

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

multiexposure background of china coronavirus COVID-19 infected blood sample in sample tube with DNA strain

NECは、新型コロナウイルスに対するワクチンの設計に向けて、人工知能(AI)を活用した遺伝子解析の結果を公開したことを発表した。

・AI予測技術をワクチン開発へ生かす

同成果は、NEC OncoImmunity ASがNEC欧州研究所と協力して研究チームを立ち上げて得られたもの。新型コロナウイルス感染症「COVID-19」感染拡大の対策として国際的に広がるワクチン開発を支援する取り組みであり、NECがかねてから使用していたAI予測技術をワクチン開発のために適用。

研究チームは、数千種類のSARS-CoV-2のゲノム配列を解析し、世界中の人々に最もよく見出される100個の多様な免疫の型に対する抗原の特定に成功したという。

・広範な免疫反応を引き出す可能性に期待

同研究では、予測アルゴリズムを用いて、コロナウイルスの表面のタンパク質だけでなくSARS-CoV-2の全タンパク質を解析し、得られたデータをもとに、SARS-CoV-2のタンパク質の中から共通して見られる抗原を重複して含む「ホットスポット」を、複数のHLAアレル型に対して特定。

同アルゴリズムを活用して、世界中の人々を最も広くカバーし、かつウイルスのタンパク質の中から変異が少なく今後も変異されにくいであろう保存領域で得られた最適なホットスポット群を優先的に選定することに成功している。同社は、今回の解析結果の公開をもとに提携活動をすすめ、ワクチンの開発加速させていく方針を打ち出している。

海外のスタートアップ企業や研究機関をはじめ、すでにさまざまな企業・団体が新型コロナウィルス対策へAIの導入を開始。AIと人間の協働が今後のどのような影響を及ぼしていくのか、世界的にも高い注目が集まっている。

NEC
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報