海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media Facebookが最大50人でビデオ通話できる無料サービス「Messenger Rooms」発表

Social Media

Facebookが最大50人でビデオ通話できる無料サービス「Messenger Rooms」発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookが、世界中でいま需要が大きいビデオ会議・通話の新サービス「Messenger Rooms」を発表した。最大50人が時間制限なしにビデオで通話できる無料サービスだ。

FacebookとMessengerアプリの両方から使え、Facebookのアカウントを持っていない人でもリンクを通じて参加できる。

・集いの場として

新型コロナウイルス感染拡大により、世界中の多くの人が自宅にこもることを余儀なくされているいま、ビデオ会議サービスの需要がかつてなく高まっている。そうした需要の取り込みを狙う。

サービス名は「Messenger Rooms」。発表によると、既存アプリのMessengerもしくはFacebookから集まるための場所の「ルーム」を設定し、参加してほしい人を招待する。Facebookのアカウントを持っていない人にはホストがリンクを送ることで参加が可能になる。

・PC、モバイルどちらからでも

ビデオ会議というと仕事で使うというイメージがあるが、Messenger Roomsはどちらかというとカジュアルな使い方を想定しているようだ。「ルーム」をNews FeedやGroups、Eventsなどでシェアして、それを見た友達がルームに“顔を見せる”という使い方もできる。

招待された側はコンピューター、モバイルどちらかでもアクセスでき、Messengerアプリのユーザーなら、ARエフェクトを加えて楽しむというのもありだ。

無料ビデオ会議アプリではよく知られたものとしてZoomがあるが、最近はプライバシーやセキュリティの面でトラブルが続出している。こうした懸念に応えるかのように、Facebookは発表文の中で「ルームをつくるときに、ルームが見えたり参加できたりする人をユーザーが決める。好ましくない人をビデオコールから除外したり、ルームに鍵をかけたりすることもできる」と説明している。

Messenger Roomsは今後数週間かけて世界中で利用できるようになる見込み。

Facebook
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報