海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 最短2時間でVR研修コンテンツを作れる「ファストVR」開発

Tech

最短2時間でVR研修コンテンツを作れる「ファストVR」開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社クリーク・アンド・リバー社が、撮影した360°動画映像を最短2時間程度の自社内編集で教育・研修用VRコンテンツにできる教育・研修ソリューション「ファストVR」を開発した。

・VRコンテンツの自作が可能に!

「ファストVR」はファストフード感覚で、技能継承や現場訓練、業務マニュアルなどのVRコンテンツを短時間で手軽に、外注せずに自社で制作できるVR教育ソリューション。

クライアントからの「リアルな研修を充実させたい」というニーズから開発されたもので、同社がこれまで積み上げてきたVRの技術力と実績から、簡単で素早く研修を実現できるソリューションとなっており、簡単な3つのステップから独自のVRコンテンツを作成することを可能にしている。

・簡単3つのステップ

まずは、ユーザーが自身が、360度カメラで教材化したい場面を撮影。その後、クラウド上でテキスト挿入、アノテーション、評価記録、ログ取得などの編集を行えばVRコンテンツが完成。集合研修や個人での自習などですぐにVR教育訓練を実現することができる。

同時に複数台のVRゴーグルを制御したり、受講者それぞれの視聴ログを録画する機能も搭載しており、振り返り学習などにも活用できるという。

ユーザーが自分で撮影した360°動画をVRコンテンツに編集するアプリケーション「ファストVRエディター」と、作成したコンテンツをコントロールする「ファストVRコントローラー」、視聴するための「ファストVRプレイヤー」を標準セットとして年間150万円(税別)から導入可能。自社のローカルネットワーク上だけで使用できるため、情報漏洩のリスクが低いのも特徴だろう。

今まで制作へのハードルが高かったVRコンテンツだが、「ファストVR」のようなソリューションが誕生することで、VRを取り入れる企業がより増加していくと思われる。

株式会社クリーク・アンド・リバー社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報